定期報告制度について

建物も健康診断が必要です。

建築物等の定期調査・検査を受けましょう。(建築基準法第12条)

3年又は毎年の調査義務

特定建築物定期調査は3年毎、建築設備・防火設備定期検査は毎年の報告が必要です。

 

安全の確保・建物寿命を長持ちさせる

建築物の維持保全を適正に実施することは、思わぬ事故を防ぎ、地震や火災等の災害時の被害を軽減したり、建築物の寿命を長持ちさせることにつながります。

お気軽にお問い合わせください

無料見積実施中

特定建築物定期調査

定期調査の対象範囲

1 敷地及び地盤

2 建築物の外部

3 屋上及び屋根

4 建築物の内部

5 避難施設等

6 その他

打診棒による外壁打診

排煙設備の点検

屋上の点検

建築設備定期検査

定期検査の対象範囲

1 換気設備

2 排煙設備

3 非常用の照明装置

4 給水設備及び排水設備

火器使用室等の換気状況検査

居室の換気状況検査

非常用照明の照度測定

防火設備定期検査

定期検査の対象範囲

1 防火扉

2 防火シャッター

3 耐火クロススクリーン

4 ドレンチャー

防火扉サイズ計測

テンションゲージを用いた閉鎖力測定

チェーン機構による巻き上げ作業

写真撮影(工事・劣化・定期報告)・報告書作成

タブレット端末を用いた電子黒板(国土交通省対応)による写真撮影・報告書作成も行っております。場所や天候に関係なく黒板を美しく撮影でき、見やすく解かり易い報告書が出来上がります。

赤外線による外壁調査

施工後10年を超える特定建築物の外壁タイル・モルタル等については、3年以内に外壁改修か全面打診をすることが義務付けられています。全面打診は足場を組む必要があり大掛かりになります。安価・簡易な方法として赤外線による外壁調査があります。

赤外線調査の長所

赤外線調査の短所

・安全性

・作業効率

・画像の保存

・天候に左右される

・壁面の方位に左右される

・障害物の有無に左右される

長尺の打診棒を用いた外壁打診と、安価な赤外線調査併用した外壁調査をご提案

長尺の打診棒を用いた外壁打診

安価・簡易な赤外線調査

 

All content © ETOU SEKKEI All rights reserved.

建物調査のプロ集団

有限会社 衛藤設計

お問い合わせ

096-285-4933

AM9:00~PM17:00 (土・日・祝は休日)

有限会社 衛藤設計

熊本県を中心に九州全域で特殊建築物定期調査報告
建築設備や防火設備の定期検査報告、仮設設計、施工図作成

お問い合わせ

AM9:00~PM17:00 (土・日・祝は休日)

096-285-4933

建物調査のプロ集団